夏を抱きしめて17

back  next  top  Novels


 いや、意を決するほどのこともないはずなのだが。
 時間は午後九時。
 仕事かもしれないが、それなら留守電にメッセージだけでも入れておこう。
 元気は豪の番号を呼び出し、ボタンを押す。
 コール音が三回ほどした時、つい元気は切ってしまう。
「俺、何やってんだ……たかが電話するくらいで……」
 再びコールする。
 そして三回ほどコールした後、声が聞こえた。
『はい、ご用件はなんでしょう?』
 一瞬、さーっと血の気が引いていく気がした。
『もしもし?』
 元気は再び電話を切ると、すぐに電源をオフにしてしまう。
 明らかに女の声だった。
 どうやら、想像した通りにことが運んでいるらしい。
 からだが動かない。
 足が一歩も前に進まない。
 思わず夜空を見上げて、大きく息をつく。
 頭上にある満月が妙に明るい。
 何だか笑えてしまう。
 東京の月って、こんな明るかったっけ?

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ