夏を抱きしめて38

back  next  top  Novels


「きみはっ!」
 男は元気の両腕を掴み、エレベーター横の柱にドン、とからだごと押しつける。
「知らないのかね? 今、きれいな男が求められている、しかも実力の伴ったカリスマ的スターがほしいんだよ、大衆は!」
「大衆……って…ちょっと、いてっ…」
 鼻息も荒く、ぐいぐいと元気に迫る男は、思ったよりでかかった。
「君……ほんとにきれいだね……こうして間近に見ても……」
 イカレテルぞ、こいつ。
 押し戻そうとする元気の耳に、またエレベーターが止まる音がした、と思った時だ、唐突に視界が明るくなる。
「てめー、汚ねー手で元気に触んじゃねー!!」
 はっと気づくと、今しがた自分に迫っていた男が、ドアにぶつかってずるずると倒れるところだった。
「………豪……お前…、何で………」
 怒りもあらわに拳を握り締め、仁王立ちになっている男は伸びている男よりさらにでかい。
 バン! と怒りを静めもせず、豪はエレベーターのボタンを押す。
「どういうつもりだ? 俺をきれいさっぱり無視してたのは、こんなやつといちゃつくためだったのか?!」
 いちゃつくだぁ? 豪の下卑た言い方に、元気のこめかみにも怒りのサインが伝染する。
「俺が、どんなヤロウといちゃつこうと、てめーの知ったことかよ!」
 バン! と豪がまた叩くと、それが合図のようにエレベーターのドアが開く。
 豪は言葉もなく、元気の腕を掴むと中に引っ張り込んだ。
「おい……」
 エレベーターのドアが閉まるのと、何ごとがあったかと気にした一平がバーのドアを開けたのと同時だった。
「離せよっ!」
 元気の抗議に耳もかさず、むっつり宙を睨みつけたまま、豪は元気を外に連れ出すと、路肩に停めてあったチェロキーに元気を押し込んだ。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ