空は遠く1

next  top  Novels


 気がついたら、あいつの背中を追いかけていた。
 恋とか愛とか、そんなものはわからない。
 傍にいれば、痛いだけなのに。
 でも、見つめていられればよかったんだ――――――。
 
 
 
    ACT 1 
 
 
 
 空が高いな。
 
 終業のチャイムを聞きながら、成瀬佑人は思わず口にした。
 窓の外の、メタセコイア並木の向こうにあるちょっと吸い込まれそうなくらいの蒼さに、胸が痛くなる。
 
 
「よう、成瀬、マック寄るだろ、マック」
 ざわつく教室を出るなり、二人の顔なじみが近づいてきた。
 佑人は無表情で彼らに目をやった。
「あれ、おい、力、どこ行くんだよ、マック寄らねぇの?」
 ひょろっと背の高い東山一義が、佑人の肩に腕を回したまま、山本力がスタスタと廊下を歩いていくのに気づいて声をかける。
「使い、頼まれてんだよ、おふくろに」
 うざったそうな声が答える。
「なぁんだよ、マック寄ってからでいいじゃん」
 東山の後ろから、小柄でやせっぽちのくせにどこに入るのかと思うほどよく食べる高田啓太が言った。
「まあ……、ちっとならいいけどよ」
 少しばかり逡巡したような表情をみせ、力が歩みを弱めた。
「おっしゃ」
 東山は佑人の返事も聞かないうちに佑人を促して力の後ろを歩く。
 誰が見ても体育会系と思うだろう、大柄で頑丈そうな体躯のお陰で山本力はどこにいても目立つ。
 その後ろを茶髪の東山や、頭を茶と黒が入り交ざったような色に染めた高田がひょこひょことついていく。
 ここのところ、それが当たり前のようになった。
 都合があると言わない限り、佑人の意思はあまり聞かれたことがない。
「マックマック」
「っせーぞ、啓太。ガキみてぇに」
 重みのある低音で振り向きもせず、力が啓太を怒鳴りつける。
「だってよぉ、腹減ってんだって」
 この一団がやってくるのに気づくと、ただでさえ無愛想な上、凄みのある目つきで睨みを利かせている力がいるのだ、廊下を歩いていた生徒たちは黙って彼らに先を譲る。


next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です