空は遠く110

back  next  top  Novels


 すると郁磨はクスリと笑う。
「よくわかってるね。君たちも気をつけて」
 郁磨と別れ、成瀬家の生垣の端まで来ると、坂本は「ややこしいことになったじゃねぇか」とボソリと言った。
「お前のせいで、俺が何で山本力だ!」
「るせぇよ!」
「お前だって、ガラにもなく優等生ぶりっ子しちゃってよ」
「仕方ねぇだろ、あの兄貴を信用させるのに」
「第一、何で兄貴にあんなこと」
「成瀬が俺らを嫌がるから、兄貴に頼むのが一番手っ取り早い」
 力の言い分に坂本は心の中で一応納得する。
「俺ら、じゃなく、お前だろーが? 兄貴だってあぶねくね? しかし、美貌の兄弟だな」
「あぶねぇもんかよ、木戸よりこっちに、もうひとつ門があったろ? 成瀬のじいさん、空手の師範なんだ」
「え、ほんとかよ? じゃ、ひょっとして成瀬も、もちろんあの一見ひ弱そうな美貌の兄貴も強かったり?」
「高校ん時、全国で優勝してる」
「げ……そうなん? なるほどね……にしてもお前、よく知ってるじゃん」
 坂本の突っ込みに力はしばし口を閉ざす。
「………たまたま見たんだよ、雑誌か何かで」
「へーえ?」
「乗ってくか?」
 そこには力のバイクが停めてあった。
「このいでたちでバイクなんか乗ったら、凍えちまう」
「フン」
「とっととヤツら、ぶっ潰そうぜ」
「わーかってる!」
 坂本は駅へ向かい、力も郁磨に頼んだことでいくらか緊張の糸を緩め、バイクに跨った。
 だが二人はこの時、てっきり家に帰ったと思った佑人が裏から出て行ったなどとは、思いもよらなかったのだ。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ