空は遠く134

back  next  top  Novels


 葉を落としたメタセコイア並木が、灰色の空をバックに寒々しく裸の枝をさらしていた。
 天気予報では西高東低、マイナス三十六度からの寒気団が日本列島に居座っていて、今日は夜にかけてかなり気温が下がり、雪が降る可能性もあるらしい。
 午前中は始業式、ロングホームルームで過ぎたが、午後からは普通に授業が始まった。
「成瀬は、マックとか、寄らないよね?」
 授業が終わると、啓太がちょっと遠慮がちに声をかけてきたが、「図書館に行くから、またね」とかわして教室を出た。
 まさしく今日は背中しか見なかったな。
 力が振り返りそうな時は、佑人が俯いていたから、一度も目を合わせることなく一日が終わった。
 まあ、こんな風に、きっと三月まで過ぎていくんだろ。
 それでいいと思う。
 クラスメイトは力と佑人の言い争いも何も知らないし、佑人が力たちと一緒に行動しなくなったからといって、そうなんだくらいにも思わないだろうし。
 このまま波風が立たないよう。
 そんなことを考えながら階段を上がり、佑人は時計台のちょうど下、四階にある図書館へと向かう。
 いろんな原書も書庫の奥にあると、司書に確かめた佑人は、何となく読んでみたくなってパソコンで場所を調べ、生徒たちはあまり立ち入らない第二書庫へと足を踏み入れた。
 手に取ったのはレナード・サスキンド著の「宇宙のランドスケープ」、原題をThe Cosmic Landscapeというペーパーバックだが、物質の究極の要素は「粒子」ではなく「弦」であるという超弦理論をベースにした宇宙に関する著書だ。
 宇宙に関するものは何でも読んでみたい。
 日本語訳が出ているが、原書でまず読んでからと思ったのだ。
「それ、割と面白いよ。でも俺は、ブライアン・グリーンのエレガントな宇宙の方が好きだけど」
 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ