空は遠く143

back  next  top  Novels


「ああ?」
「たまったま、Dクラスのダチがさ、見たんだってよ、あいつら」
「何を?」
 坂本だけでなく力も眉を顰めて振り返る。
「いや、図書館でたまったま、ヤツラがお勉強してる傍を通りかかったら、なんと会話が英語だったって」
「何だと?! 上谷のヤロウ、その成瀬の相手は俺になるはずだったんだぞ!」
 坂本は声を上げて関係ない東山に突っかかる。
「何だ、そりゃ?」
「いや、柳沢さん、成瀬のカテキョん時、オールイングリッシュなんだってよ。俺も混ぜろって言ったんだが」
「断られたと?」
 力は思い切りバカにした笑いで坂本を揶揄する。
「うっせーんだよ、力!」
「やっぱ、成瀬、世界が違っちゃったんだ」
 啓太は啓太で、ガッカリしたような声を出す。
「ま、しゃーねーだろ。元々あいつ、俺らとつるむような手合いじゃねぇし」
 東山も心なしか寂しげだ。
「しっかし、あいつ、ぜってぇ成瀬を………」
 坂本は腕組みをして呟いた。
「ああ?」
 力が坂本を見たが、坂本は眉を顰めたまま黙って歩き出した。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ