空は遠く176

back  next  top  Novels


 力は愛想笑いひとつせず、差し出されたチョコレートの包みを受け取った。
 登校してきてその場に居合わせた生徒らに囃し立てられると、美人一年生は身をひるがえして走り去った。
「どうせ遊ばれるのわかってて、無駄なことするよな」
 負け惜しみでフンと鼻で笑い、力に背を向けた時、坂本の視界の端に佑人が立ち去るのが見えた。
「あ、ちょっと成瀬」
 階段の途中で、佑人は駆け上がってきた坂本に腕を掴まれた。
「なあ、今日の夕方、何か予定ある? 実は相談があって」
「悪い、来週にしてくれないか」
 そっけなく言うと、佑人はまた階段を上がっていく。
「まっさか、あいつの誘いに乗るわけじゃないよな?」
 坂本はボソリと口にした。
「ちょっと、力!」
 ちょうど自分の教室に入ろうとした坂本が振り返ると、力に若宮が詰め寄っている。
「野沢夕子からチョコ受け取ったってホント?」
「誰だ、そりゃ」
「一年の、さっきみんな見たって」
「ああ、あれか」
「何で、そんなの受け取るのよ!」
「くれるっていうもん、しゃあねぇだろ」
 のらりくらり、若宮が怒ったところで力は暖簾に腕押しだ。
 若宮もそれが歯がゆいのだろう。
「今日の約束、忘れてないよね?!」
「ああ、わーかったよ」
 さもうざったげに言い捨てて、力は教室に入っていく。
 よくやるよ、まさしく痴話げんか。
 坂本は今更ながらに力には呆れながら、席につく。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ