空は遠く202

back  next  top  Novels


 そうして卒業すれば、彼らの中では、ああ、そんなやついたっけ、くらいで存在も忘れ去られていくのだ。
 佑人は顔を上げた。
 力の学ランの広い背中は、そのまま力という人間の大きさを物語っているようだった。
 獣医か。
 意外だけれど、わかる気がした。
 きっと河喜多先生みたいに、口は悪くても面倒見のいい獣医になるだろう。
 好きだよ、山本……力……
 絶対口にはできないけど、今だけなら、こうして山本の背中に言うことができる。
 好きなんだ………

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ