空は遠く23

back  next  top  Novels


「え、えーーー、どっちなんだよぉ、成瀬ぇ」
 啓太は典型的な末っ子気質なのだろう、簡単に人に甘えようとするところもからかわれやすい。
 そんな啓太は可愛いし、甘えることが下手な佑人には羨ましくもある。
「何か起きても、考えるよか先に俺らは影も形もなくなってっから、お前の足りない脳みそを使うまでもないってこった」
「何だよぅ、それはよぅ」
 坂本がまた茶化し半分ニヤニヤ笑うのに啓太はぶすくれる。
 ふと顔を上げた佑人は、じっと力が自分を見つめているのに気づいた。
 一瞬、まともに目が合った。
 不思議なまなざしだった。
 二人だけで宇宙の星星の間を浮遊しているような感覚にとらわれ、佑人は息をつくのも忘れていた。
「………な、成瀬」
 ぐいと坂本に肩を引き寄せられ、我に返るまで。
 あの、不可思議な瞬間が何だったのか。
 ただ、唐突に互いの心に入り込んだような、そんな気がして。
 もちろん、きっと錯覚なのだろうけど。
 佑人は大きく息をついた。
 空を見上げる。数えられないほどの星々へと思いを送る。
 宇宙の中の数知れない星のひとつに生きている自分が、いかに小さいものかを思い知らされると同時に、星星の中に紛れてしまいたくなる瞬間でもある。
「行ってみたいよな、あの星の中に」
 何億光年、気が遠くなるような時間を潜り抜けられたら。
「ちょっと寒くなってきたな。帰ろうか、ラッキー」
 佑人が笑いかけるとラッキーはワンと応えて楽しげに尻尾を振った。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ