空は遠く255

back  next  top  Novels


「とっとと失せろ」
 まだそんな余力があったのか、男たちは転がるようにその場から走り去った。
 塀に凭れ掛かっていた佑人は緊張を解いてその場に腰を落とした。
 切られた半袖のシャツの上から腕を触ると、ぬるっとした感触に眉を顰める。
 雨に混じって流れ出た血が滴り落ちる。
 脳が興奮状態なせいか、痛みが感じられない。
「腕、やられたのか?!」
 佑人を助け起こしながら力が怒鳴りつける。
 だが立ち上がった佑人は、やんわりと力を押し戻す。
「大したことはない。ほっといてくれ」
 そんな佑人の言葉など聞くようすもなく、力は佑人の怪我をしていない方の腕を掴むと、雨の中を足早に車通りがある道へと向かう。
「何だよ、離せって!」
「高校生がナイフの怪我なんかで病院行ったら、痛くもない腹を探られて警察沙汰だぞ」
 佑人はハッとする。
 さっきそれだけは避けなくてはと考えたばかりではないか。
「こんなもの、大したことはない」
「ばかやろ! ナイフの怪我、甘く見るな」
 力が向こうからやってきたタクシーを見て手を上げた。
「お前に関係ないだろ! もう構うなよ! 俺を嫌ってるくせに!」
 佑人は力の腕をすり抜けて声を上げる。
 しばしの間、二人は睨み合った。
 その間にタクシーが二人の前で停まり、ドアが開いた。
「関係あるだろ、内田のせいなら」
 フンと鼻で笑い、力は有無を言わせず佑人を座席に押し込んだ。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ