空は遠く27

back  next  top  Novels


「本当にごめんなさい、私……」
 いつの間にか、佑人の横に二人の少女がたたずんでいた。
「人違いです」
「え……?」
 少女は佑人の言葉をそのまま受け入れられなかったようだ。
「誰かと間違えているんじゃないですか?」
 もう一度佑人は努めて静かな口調で言った。
 途端、少女の目からぽろぽろと涙がこぼれた。
「私……私……ごめん…ごめんなさい……」
 少女は深く頭を下げたかと思うと、泣きながら走り去った。
「待って、真奈!」
 一緒にいた少女が後を追いしな、佑人を振り返り、「最低!」と叫んだ。
 呆気にとられていた啓太と東山は、二人が走り去ると、「おい、成瀬! いいのかよ」と佑人に詰め寄った。
「勘違いだよ」
 佑人はゆっくりコーヒーを飲んだ。
「あ、そか、渡辺、とかって言ってたもんな」
 東山が納得したように頷く。
「でも、すっげー可愛い子だった、あれ、見かけない制服」
「ばっか、かの有名な白河女学院だろ、超セレブなお嬢様校だろーが」
 東山がパシッと啓太の頭をはたく。
「へ、ほんと……?」
「そ、俺たちじゃ、ちょっとやそっとじゃお近づきにもなれねー」
「で、でも、成瀬、あの子、まっすぐ成瀬のとこきたんだぜ、ほんとにいいのか?」
 啓太が尚も心配そうに聞いてくる。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ