空は遠く290

back  next  top  Novels


「一応、くれた子にはね」
「本命とか、いたりしなかったわけ?」
「そういうのじゃ……」
 何やら突っかかってくる坂本に曖昧な答えを返していると、「博愛主義者だからな、成瀬くんは」と混ぜっ返したのは力だった。
「誰にでも平等に愛をってやつ?」
 どこまで人をおちょくったら気が済むんだろう。
 東山や坂本や啓太は、俺のことそれなりに仲間だと思ってくれてる気がするけど、山本だけは違う。
 また俺がここに顔見せたことが気にくわないわけか。
 嫌ってるのに、のこのこ部屋なんか行ったから余計に。
 啓太の前に座っていた佑人はすくと立ち上がった。
「俺、図書館に用があるから、そろそろ行くよ。そうだ、山本」
 佑人の声に振り返った力に、佑人はポケットから出した鍵を放った。
「じゃ、またな、高田」
「うん、また明日!」
 みんなに背を向けて、佑人はうまく鍵を返せたことに肩の力を抜いた。
「でさ、お前の妹と成瀬、ほんとのとこどうなんだよ」
「まるっきし、美沙の片思いだろ? 美沙の方もそれで全然満足してるみたいだし。まあ、また家に連れてきてとは言われてるけど」
 階下に降りるドアを開けると、坂本と東山の会話は聞こえなくなった。
 だが、その代り、タッタッと誰かが走ってくる音がした。
 そしてまたドアが開いてその足音はすぐに佑人に追いつき、いきなり腕を掴んで壁に佑人を押し付けた。
「な、んだよ!」
 佑人の顔を覗きこんだのは力だった。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ