空は遠く292

back  next  top  Novels


 佑人は窓際のデスクに寄りかかると椅子にすとんと腰をおろした。
 鍵を持ってきてしまったのは、信じたかったからだ。
 って、バカじゃないのか、俺は。
 今までだってどれだけ、あいつが俺のこと詰ってきたか、わかってるはずなのに。
 ましてや俺にあんなことマジに言うはずがないのに。
 そんなに俺のことこきおろしたい?
 まあ、あいつも言ってたよな、昔っからドンくさいって。
 だから中学の時もまわりからシカトされたり。
 ウザいとか、死ねばいいとか、そんなこと言われるのは、言われる方が悪いってことか。
 ここであいつの思い通り、俺が真に受けて告ったりした日には、いい笑い者にされるってわけだ。
 窓は小さな中庭に面していた。
 ここに窓がなければ、薄暗く埃っぽいだけの書庫だろう。
 佑人は突き出し窓を少し開けて、新鮮な空気を取り込んだ。
 オリーブグリーンが明るいミズキの向こうにある空は輝いているように見えた。
「遠いな………」
 ふと呟いた時、静かに涙が零れ落ちた。
「あれ……」
 気づいて手で拭うのだが、涙は溢れて止まらない。
 この間からおかしい。
 感情がコントロールできない。
 こんなことくらいで………

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ