空は遠く40

back  next  top  Novels


 もしかすると、心の内の彼への執着を見抜かれたのだろうか。
 いずれにしても、もう力の影を追うのはやめよう。
 あと少しで二学期も終わる。三学期になったら、誰かに席を替わってもらえばいい。
 力に対して何を期待していたはずもない。それまで、大人しくしていれば、やり過ごせる。
 静かに、静かに……。誰の目も俺の存在に向けられないように。
 もう少し眠ろう。眠ってしまえば、今日もまた過去になる。
 眠ってしまえば………
 
 ふわりと、優しい風が佑人の髪を撫でていった。
 重い心の鎧を脱いでもいいと、張り詰めていた神経を解きほぐすように。
 身体から強張りが抜けていく。
 やがて、佑人は穏やかな眠りに落ちた。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ