空は遠く67

back  next  top  Novels


 また一人、店にやってきた男が、「あ、はい、俺、ここの者です。預かります」と言って荷物を受け取り、店に入っていくのが見えた。
「……山本?」
 まさかと思う。
 だが、名残惜しげにドアの向こうから佑人を見送っているタローは、最初からラッキーによく似ている気がして親近感を抱いていた。
 大きさも雰囲気も、第一よく考えてみれば、毛の長いシェパードというような雑種が、やたらにいるわけではないだろう。
 じゃあ、ラッキーの兄弟? きっと、そうだ。だとすると、やっぱり店に行くわけにもいかないか。
 犬を連れて入れるだけでなく、店の人もお客もせっかくいい感じの店だと思ったのにな。
 紙袋には、「ワンちゃん猫ちゃんとご一緒に カフェ・リリィ」とプリントされていた。リリィは百合江からつけたのだろう。
「成瀬とか、言わなきゃよかったかな」
 例え名乗らなかったとしても、力がいつ現れるかもわからない。
「そっか、タロー、ラッキーの兄弟か」
 ラッキーの兄弟がこうして元気に育っていたことは素直に嬉しい。
 力があの時の宣言どおり、ちゃんと子犬を大事にしていたことがわかっただけで、ちょっと涙が出そうになった。
 『いいか、責任もって飼うんだぞ! 捨てたり、保健所やったりしたら、俺が承知しねぇからな!』
 親になんか口出させねぇ、と断言したあの時の力の言葉は今でもはっきり覚えている。
 でも、あのお母さんなら、全然平気だったろう。何しろ、ペットと一緒のカフェなんか開くくらいだ。
 それに、バカ息子とかバカ犬とか言うその言葉には愛情が感じられる。力との親子関係もおしてしるべしだ。
 佑人は二人の親子関係は疑うべくもないと確信していた。
 思いがけず力の日常を垣間見たことが少しばかり嬉しく、だが、もう近づくことはできないということに、心が軋む思いがするのだった。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ