空は遠く98

back  next  top  Novels


 いきなりの質問に、力は思いがけなく躊躇した。
「そりゃ……だから、あいつ、俺のこと嫌ってっだろ。第一、俺は啓太に付き添ってやっただけなんだよ」
「フーン、お前もやつのこと嫌い、なんだろ? こないだの丁々発止といい、お前らってとことん合わねぇって感じ? 水と油だな」
「うっせーな!!」
 途端、思い切り不機嫌そうに力が怒鳴る。
「ま、いいさ。成瀬は俺が引き受ける」
「何だと?」
「あいつだって、気にくわねぇやつに四六時中見張られてちゃ、面白くもねぇだろ?」
 そう言うと、坂本は徐に携帯を取り出し、電話をかけ始めた。
「成瀬? 俺、二日ぶり。元気してたか? 例のカテキョの話だけどさ」
「おい、カテキョって何だよ?」
 力が傍らで喚く。
 それを制して、坂本は立ち上がり、カウンターの近くへ行って話を続ける。
「え、じゃ、今日なら、俺、行くし。成瀬んちの近くにコーヒー屋あったろ? おう、わかった。よろしくぅ」
「どういうことだよ!?」
 坂本が電話を切ってソファに戻ると、力が睨みつける。
「成瀬にカテキョ、紹介してもらうことになってんだよ。成瀬のセンセって、兄貴の後輩だってさ」
「何で、んなことすんだって聞いてんだよ!」
「そりゃ、受験対策に決まってっだろ? 成瀬のカテキョだぜ? 外れはない」
「お前、カテキョいたんじゃねーのかよ、あっちの方もOKで一石二鳥とかって」
 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ