煙が目にしみる2

back next  top  Novels


 川の水は、ここ数日の冷え込みでさらに透き通ってきたような気がする。
 愛犬リュウを連れて橋にさしかかった岡本元気は、何気なく川原に目をやった。
 たゆたう流れの中、一羽の鷺が翼を休めている。
 東京から戻り、この町で暮らし始めてから、時間の流れがわからないと感じることが多くなった。
 速いとか遅いとかではなく、いつの間にか、ということがしばしばだ。
 緩いといったほうがいいかもしれない。
 こうして鷺の動きをのんびりと見つめられる、そんな自分が不思議ですらある。
 現実には時間は確実に流れている。
 俺だけ、進歩してないってことかも。
 明け方の夢も最悪だった。
 クッソ…、また、あんな夢………!
 夕べ初雪が降ったせいだ。
 夏が猛暑だったにもかかわらず、今年は冬が早い。
「ま、たかが夢だ、夢! な、リュウ」
 ワン、と尻尾を振る柴犬に引っ張られて元気は走り出した。
 橋を渡って、三本目の通りを右に曲がる。
 江戸時代から続く造り酒屋のある通りには、土産物屋や飲食店が軒を連ねていた。
「すごい、梁ですね、何百年も昔のものなんですか?」
 造り酒屋の前を通りかかったとき、中から聞こえてきた声に元気はちょっと振り返った。
「これはうまい! なるほど、伝統の味ですねー、造り酒屋の中では、一番古いんだそうだよ。いいショット撮れた?」
「もちろん。でも都築さんがよかったのは酒の方でしょ?」
「あっはは、それもあり、だよ」
 暖簾の向こうからまた豪快な笑い声がした。
 朝から賑やかだな。
 街の観光のメインとなっているこの界隈は、表側は古い造りのまま保存されている。マスコミの取材を受けることも少なくない。
「おっはよー!」
 店の勝手口から見知った顔が現れ、元気は足を止めた。


back next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ