みんなはっぴぃ 36

back  next  top  Novels


「俺は結構楽しかったですよ。混ぜてもろて。子供に帰ったみたいで」
 小林は微笑んだ。
「でも、悠くんの思いは、またちょっと違うのかも……」
「え?」
 藤堂が振り返った時、小林の携帯が鳴った。
「あ、わかった。うん、ほな」
「お迎えが来たの? どなた?」
「京助です。急に司法解剖入ってもて、さっき終わったみたいで」
「それはまた、いきなりリアルな」
 藤堂は苦笑いする。
「ほな、どうもお邪魔さんでした。いろいろおおきに」
「こちらこそ、きてくれてありがとう。またね。良太ちゃんも、工藤さんによろしく」
「あ、はい。お疲れ様でした」
 小林のあとから良太が、少々いやそうな顔で従った。
「悠くんにもお礼を言っといてください」
「わかった。メリークリスマス」
「メリークリスマス!」
 良太と小林は振り返って手を振った。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ