サンタもたまには恋をする 50

back  next  top  Novels


 その夜、部屋は主の帰還で一度に明るくなったようだった。
「これ、美味いんだよ、チョコレート。それから、クッキーにワインにチーズもある!」
 アイちゃんもすごく嬉しそうに、藤堂の足元から離れない。
 悠も、玄関に立った藤堂を見た瞬間、嬉しくて思わず泣きそうになった。
 何だってんだよ! 俺……………………!
 悠はわけのわからない感情を振り切るようにカンバスの前に戻る。
「美味しいお茶も買ってきたから、早速淹れよう。少し休憩しないか、悠ちゃん」
 藤堂は忙しなくバッグの中から次々と土産を取り出した。
 美味しそうなお菓子やワインを見るたびに、悠が喜ぶ顔を思い浮かべ、ついつい山ほど買ってしまったのだ。
「…うるさいよ! 今、大事なとこなのに!」
 藤堂の手が止まる。
 口にした悠自身、心が冷えていく。
 藤堂が帰ってきて、あんなに嬉しかったはずなのに、口から出てきたのはそんな台詞だ。
「そうか、悪い、じゃあ、がんばりなさい」
 ややあって藤堂はそう言うと、少し寂しい気持ちで、悠の背中を見つめた。
 作品展まで日もないから、気が立っているんだろう。
「アーティストはご機嫌斜めだな、アイちゃん」
 セーターに着替えると、いつものソファに腰をおろし、彼を追ってソファに飛び乗ったアイちゃんの頭を撫でる。
 パリにいても常に考えていたのは悠のことだ。
 さっき玄関に立って、迎えてくれた悠を見たとき、わかってしまったのだ。
 その頼りなげな顔が愛しくて、思わずぎゅっと抱きしめそうになった。
 やばいなー、これはほんとに。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ