サンタもたまには恋をする 54

back  next  top  Novels


 何て迂闊だったんだろ。
 俺ってバカ。
「よう、すっげーな、びっくりしたぜ」
 背後から声をかけられて振り返ると、見慣れた顔が二人立っていた。
「高津、悦子…」
「大先生の展覧会みたい」
「バカ言え……」
「でも、ここ借りるの高いんじゃない? 大丈夫なの? ハルちゃん」
 高津と一緒にラフな格好でやってきた悦子がこそっと聞いてくる。
「けどあれ、売れてんだろ? 上の階のやつ。赤丸ついてたし。号一で計算しても……」
「うそっ、どれよ?」
「犬とオッサンの絵だよ」
 高津の言葉に、悠も耳を疑った。
「ほんとかよ?」
「何だ、お前も気づいてなかったのか?」
 悠は慌てて階段を駆け上がる。
 メインの絵の前は人だかりになっていた。
 人垣の間からのぞいてみると、確かに赤丸がついている。
 三階の作品群は、ビルの屋上に立つ男を始めとして主に空をモチーフとする、大学でずっと描きためていた絵が、四階には共通するモチーフは海とする、横たわる老夫婦やアイちゃんを描いた絵が『生きる』というテーマに沿って並べられている。
 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ