サンタもたまには恋をする 56

back  next  top  Novels


「知らなかったの? 義行の家は『ライラック』の創始者一族よ。彼のオヤジさんが、今社長のはずよ」
「え………」
 がっかりしたような、寂しいような気持ちがない交ぜになって悠の心を支配する。
 なんだ、心配して損した。
 火事で焼け出されたっていうから、俺と似たような境遇だなんて、勝手に思い込んでた。
 俺を可哀相に思って、買ってくれたんだ。
 こんな絵、やっぱり、そうだよな……
 けど、マミって誰だよ! 美香とか直ちゃんとか、それから………ああああああ、もう、嫌だ! わけ、わかんねぇよ!
 悠の頭の中はぐるぐると壊れそうだった。
「あ、おい、ハル、俺ら帰るわ、そろそろ」
 高津が言った。
「高津、待って」
 腕を掴まれた高津が振り返る。
「あ?」
「俺も行く」
 何だか、もう、どうでもいい。
 違う、ここは俺のいるところじゃない。
「無性に、飲みたい気分」
「いいのか? 主役が抜け出しても」
「いんだよ」
 高津や悦子と一緒に、こっそり階段を使って、悠はギャラリーを抜け出した。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ