空は遠く116

back  next  top  Novels


「佑人の兄です。突然申し訳ありませんが」
 坂本は驚き、漠然と何か追い立てられるような不安にかられた。
「成瀬、どうかしたんですか?」
「いや、あれから、君たちが帰ったあと待っていたんですが、まだ帰ってないんです。柳沢から番号聞きました。携帯を切っているようでつながらないので、心当たりはないかと思いまして」
 坂本はぎゅっと携帯を握り締める。
 置時計の針はそろそろ七時を差していた。
「すみません、心当たり当たってみます。連絡します」
 坂本は携帯を切ると、すぐ、力を呼び出した。
「成瀬が、家に帰ってないって」
「帰ってないって、あいつ、家の中に入ったじゃねぇか!」
「あのうちなら、出入り口他にもあるだろう!」
「チクショウ! あんのやろう!!」
 「カフェ・リリィ」でパスタをかき込んでいた力は怒鳴りつけるように、携帯を切った。
「どうした? 力」
 カウンターの中から練が聞いた。
「成瀬が消えた」
「何だと?」
 俄かに空気までもがざわめきたつ。
「練、悪いがもう、証拠がためがどうたら言ってられなくなった」
 力はヘルメットを掴んで店を飛び出していく。
 それを見送った練は、恐持てをさらに固くしてポケットから携帯を取り出した。
 『ドン』は商店街の方ではなく、住宅街への道を右へ入ったところにあった。鉄のドアの外にまでヒップホップの音が漏れている。
 佑人はドアのノブを引いた。
 空気が澱み、音が店全体を振動させている。店内には男ばかりが何人かたむろしていて、奥にいた男たちの顔が一斉に入り口に立つ佑人へと向けられた。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ