空は遠く138

back  next  top  Novels


「あ、ちょ、待てって、成瀬」
 上谷が佑人に追いすがり、腕を取る。
「だから、君と話したかったんだって。君も自分だけで抱え込むより、悩み事とか知ってる人間と分かち合う方が、気が楽になると思わないか?」
 分かち合うって何を? 気が楽になる? 俺の何がわかるって?
「俺なんかと話して何が面白いわけ?」
 シニカルな笑みを浮かべて佑人は上谷を見た。
「それはほら、興味のあるものが似てるし、それに俺も帰国子女ってヤツでさ、そういう悩みとか分かってくれるのって、同じ境遇の君くらいしか周りいないし」
「悩みなんかありそうにないけど?」
「そう見せてるだけさ。それっきゃないだろ?」
 上谷は爽やかな笑顔を向け、馴れ馴れしく佑人の肩に腕をまわした。
 上谷の話に同情したわけでも、悩みを分かち合おうなんて思ったわけでもない。何だかもうどうでもいいという気分だった。
 これから三月まで、自分を嫌っている力の背中を、それでも見つめるだろう苦しさから逃げ出したかった。
 そっか。
 もうとっくに、嫌われてたっけ、小学校の時から。
 こういうウジウジしたやつ、きっと一番目障りなんだろ。
 

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ