空は遠く281

back  next  top  Novels


「しゃーないな」
 東山が携帯で呼び出すと、やっと力が出たようだ。
「おう、見舞いにきてやったぜ。え? 鍵、開いてるって」
 驚いたことに、ノブを回すとドアは開いた。
「入るぞ」
 玄関には大きなスニーカーが数足、一足は脱ぎ散らしてある。
 東山に続いて上がった佑人は、それも一緒に揃えて置いた。
 リビングのソファに寝そべっていたタローが喜んで二人を出迎えた。
 その奥にベッドがあり、力が横たわっていた。
「不用心だろ、鍵開けたまま」
「盗むもんなんかありゃしねぇよ。それにそいつがいるしな」
 声が少し掠れている。
「色々、買ってきてやったぞ、ドリンクにゼリーに、ごはんに梅干し、うどん、おにぎりにサンドイッチ、何か食うか?」
「何か、温かいもん、くれ」
「おっしゃ」
 東山がベッドとは反対側にあるキッチンに向かうと、ようやく力はタローに懐かれている佑人を見た。
「……俺の風邪、移したんじゃないかと思って…」
 つい、言い訳のようになってしまう。
「責任を感じて、来て下さったと……」
 いつもの皮肉も別人のような声だ。
「熱は?」
「下がったと思ったんだが、さっきこいつの散歩に行ったら、なっかなか帰りたがらねくて、一時間ほどふらついてたからまた上がったかもな」
 それは無謀だ、と言いかけて、自分でも同じことをしたかもしれないと佑人は思う。
「手伝うよ」

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ