空は遠く77

back  next  top  Novels


「あっちだってギブアンドテイク、わかっててつき合ってんだろ」
「女の本心ってのはな、力くんに振り向いてもらいてぇに決まってっだろうが」
「フン、知るかよ」
 イライラと言い返した力の前で、テーブルの上の携帯がまた鳴った。
「啓太、どした?」
『ち、力! 東が…東が』
 力はいきなり立ち上がった。
「どこだ?!」
 力は場所を聞き出すと、学ランのままヘルメットを掴んで店を飛び出し、外に停めてあったバイクを雨の中へと走らせた。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ