メリーゴーランド122

back  next  top  Novels


 全く千雪専用のシェフと化している京助の作ったそれは、それこそサンドイッチ屋でもできそうに美味い。
 味わいながら咀嚼していると、目の前に影が落ちた。
「あの、すんません、ここ、ええですやろか」
 見上げると佐久間が神妙な顔で立っていた。
 せっかくの美味いランチを邪魔された千雪は、怪訝な目を向けた。
「何の用や?」
「すんません、知らぬこととはいえ、俺が浅はかでした。堪忍したって下さい」
 そう言うと、佐久間は九〇度も頭を下げる。
「何のこっちゃわかれへんけど。お前、俺に何かしたんか?」
「え、やから、そのアホな呼び名を口にしよったら、金輪際口聞かん言わはって!」
「当たり前やろ」
 しれっと言う千雪に、佐久間は情けない顔を向けた。
「二度と口にしまへん!」
「ふーん」
 千雪はそんな佐久間を鼻であしらって、持っていたサンドイッチを食べ終えた。
「美味そう、すね………先輩手作りでっか?」
「俺にこんな大それたもん作れるわけあれへんやろ」
 それを聞くと佐久間は、また情けなさそうに笑う。
「ああ、ひょっとして京助先輩の手作りとか?」
「さっきも思うとったんや。あいつサンドイッチ屋でもできるで」
 がくりと項垂れる佐久間を前に、千雪は次のサンドイッチに取り掛かる。
「はあ、昨日、京助先輩や速水さんに聞きましたよって」
 今度は千雪の手が止まる。
「聞いたて何を?」
「せやからそのう、京助先輩の言われたには、俺と千雪の付き合いは五年越しやから、邪魔するな………て」
 途端に千雪は「あの、アホんだら! 端から言って回り寄って!」と、今朝ほど見直したはずの京助をこき下ろした。
「あ、いやあの、他言したらただじゃ置かないって、念を押されましたよって、はい、一切、もちろん彼女にも絶対!」
「当たり前や!」
 千雪は佐久間を睨み付けた。
「そんでそのう、コスプレのわけも聴きました。速水さんに」
「速水さんが何言うたんや?!」
 身を乗り出して千雪は佐久間に迫る。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村