風そよぐ99

back  next  top  Novels


 これ、成功すればほんとに本谷も一皮むけるに違いないが、失敗するとドラマ全体にかかわってくる。
「努力だけじゃない、体当たりでやれって言っておけ」
「あ、はい………」
 ヤバ……、本谷のデキも俺次第とか言わないでくれよ。
 これはグチグチ、本谷がどうのと言ってる場合じゃないじゃんね。
 今日戻ったら、ちょっと本谷捕まえて、もし捕まらなかったら、明日、西宮行く前に一回ちょっと話さないと。
「今夜はホテル戻るだけだろ、飯でも食うか」
 良太が頭の中で何だかだと思い巡らせていると、工藤が言った。
「え……、今夜、ですか?」
 あ、アスカさん………。
「今夜、アスカさんが、用があるから七時に戻って来いって言われてて」
 すると工藤は苦笑いして、「そうか」とだけ言うと、良太に背を向けて監督の方に歩いて行ってしまった。
 何だか、工藤も相当疲れてるっぽいし。
 後ろ姿が黄昏てないか?
 しっかし、何でこうなるんだよ!
 湯豆腐の美味い店とか確かあったぞ。
 せっかく、喧嘩腰にもならないで話せたっていうのに。
 はあ、と良太は思わず大きくため息をついた。
「良太ちゃん、どうしたの? 工藤さんに叱られた?」
 奈々が心配して良太の顔を覗き込んだ。
「いや、ちょっとね」
「奈々が工藤さんに言ってあげようか? 良太ちゃんすごい疲れてるから、あんまりきつくしないでって」
 これは笑うしかないかもしれない。
 何かもう、こうやって段々、遠のいていくんだ。
 元々、それこそ何も土台のない関係なんだから、しょうがないよな。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ